single

Go Forward EP

発売日:2022/04/20

品番:MRRD-0009
JANコード:4589823280128
価格:1364円+税
レーベル:VIDEOTHINK

01.Go Forward
02.HOOVER BEATS
03.Moon Reverb
04.Go Forward(inst.)
05.HOOVER BEATS(inst.)

 旧グループ名・MIC RAW RUGA(laboratory)から研究生を意味する「(laboratory)」が取れ、正規グループ「MIC RAW RUGA」となってから、初めてリリースされる音源。
 収録されているのは、「コロナ禍の中でも前進あるのみ」という強いメッセージ性を打ち出し、強烈なガバキックがフロアを揺らす攻撃的なサウンドが特徴の表題曲「Go Forward」。同グループのファンの総称である“HOOVER”をタイトルに冠し、ビッグバンドジャズやファンクをサンプリングした、ポジティブなセルフボーストが底抜けに楽しいパーティーチューン「HOOVER BEATS」。LO-FIなビートの中で緊張感のあるストリングスが展開し、“月”をキーワードに閉塞的な時代感がポエトリーに切り取られた「Moon Reverb」など、バラエティーに富んだ内容となっている。
 さらにマスタリングは4人組ソウルバンド・WONKの井上幹が、ミックスは鞘師里保、フィロソフィーのダンス、GOMESSらの曲をミックスしているコレナガタクロウが、それぞれ担当した。
 なお、「Go Forward」は昨年9月のlaboratory時代に配信シングルとしてリリースされたもの。「Moon Reverb」はラッパーのGOMESSをフィーチャーし昨年6月に配信シングル「Moon Reverb feat.GOMESS」としてリリースした楽曲の、MIC RAW RUGAメンバー3人のみで構成したバージョン。「HOOVER BEATS」は完全な初音源化、となっている。


MIC RAW RUGA(laboratory) - Go Forward


Moon Reverb feat.GOMESS [MUSIC VIDEO]

CD
Amazon / TOWER RECORDS / HMV / disk union / 楽天 etc...
Streaming & Download
https://linkco.re/7c1N6hQ2


Go Forward

どのビートに乗ってみたって いかんせん流れる時間と無関係
まるで雲 浮かんでる 消えてくよ 未完成
あれもこれも嘘っぽい だって誰が勝ちかわかんない
王様だけが破れない標準装備はポイポイポイ
世界の様子は変化したみたい セーフはとっくにアウトらしい
未来の扉もガタガタに なんだか世の中 慌ただしい
一度きりの人生 人間もいつかビンテージ
未熟だけどいいんですと目指し歩く新天地
履くの勿体無いキックスでも  歩ける ほらこれ必要
パスコード ハッキングして Go Forward
Go Forward Go Forward Go Forward
いつか受けた傷も癒えてやがて糧になる いつか受けた傷も癒えてやがて糧になる

綺麗事ばっかり言ってみたって 間違いだらけの診断テスト
みたく夢は不安定 けれど現実ナンセンス
振り切る亡霊 とにかく前進 気休めより気圧をチェック
砂の城は崩れてく 悲鳴は聞こえない
フェイスと心にシールド必要 芸術とかも変わってく日常
体は数メートル先ですよ 何年経てば過去の話?
暴れ足りないウィークエンド 遊び過ぎは危険
ラボにこもり音を混ぜる夜明けの前の実験
化学の集合体超えて かなりかなりのナチュラル
ガスコンロより燃やしてる Go Forward
Go Forward Go Forward Go Forward
糧もやがて消えていつか傷と向き合う 糧もやがて消えていつか傷と向き合う

ドレスコードはブレイクビーツ ぶっ飛んでったフリスビー
Kiss meかHit meかどっちゃでもBeats me
手を伸ばし 取り戻す身体性 硬くはならずに自由にやる
どんなに熱くたって時とともに冷めていくから
ここはぬるま湯じゃない 火をつけるの自分さ
どんなに熱くたって時と共に冷めていくから
ここはぬるま湯じゃない 火をつけろ Go Forward!
Go Forward Go Forward Go Forward Go Forward


HOOVER BEATS

Everybody 音上げて  woo woo yeah!
Let's Go! Let's Go! Let's Go! Let's Go!
フェイクIDぶら下げて woo woo yeah!
Disco! Disco! Disco! Disco!
おいでHOOVER あじゃじゃじゃじゃじゃじゃじゃじゃじゃじゃじゃ
パーパラパーパラパーパラパーパラ ワーオ!

東京シティ チョコパイだったらその何倍も
でっかいパーティーするのがご存知です MICRAW
大っきなバルーン家を吊って 銀河の果てまで飛んでけ
火星からの襲来だって毎週だって問題ないね
誰かに聞いても あれこれゆーても 音の塊で日々これPARTY ON
開ける扉 MICRAWRUGA ラップ名人 イメージ PC 原人
まず最初 浴びるライト そしてハイホー 最後に太鼓
ここにいない誰かのぶんも踊れよ! えい!

何か言ってそうで何も言ってない歌詞
それシンプルに楽しいって証
気持ちだけ右肩上がり 異常な盛り上がり
騒ぎなさい! 踊りなさい!! お友達にもぜひ勧めなさい!!!
通り雨がコンクリートを濡らす中で私たちは
太陽みたく温度上げてフロア照らすさ! えい!

Everybody 音上げて  woo woo yeah!
Let's Go! Let's Go! Let's Go! Let's Go!
フェイクIDぶら下げて woo woo yeah!
Disco! Disco! Disco! Disco!
おいでHOOVER あじゃじゃじゃじゃじゃじゃじゃじゃじゃじゃじゃ
パーパラパーパラパーパラパーパラ ワーオ!

こっからとっても better 無理でも突然Wake up!
さよならバイバイhater でもそれ はなから関係ねえか
未来のスポーツ年鑑 手にした瞬間みたいな冗談
シンデレラ12時過ぎ 階段で落とすJordan
パーティーが好きだから Super Size を Me
ここで起きたことは Your eyes only
平日週末ナイトーフィーバー 解除リミッター 飛ばせスピーカー
データ少佐も熱くなる現場 SUPER DOOPER やっぱり HOOVER

Everybody 音上げて  woo woo yeah!
Let's Go! Let's Go! Let's Go! Let's Go!
フェイクIDぶら下げて woo woo yeah!
Disco! Disco! Disco! Disco!
おいでHOOVER あじゃじゃじゃじゃじゃじゃじゃじゃじゃじゃじゃ
パーパラパーパラパーパラパーパラ ワーオ!

1 for the money 2 for the show 疲れたら迷わず休憩しろ
大胆なflow microphone kickするverseとimitation
E TICKETからの挑戦状 えい! 本日のMC スピットしろ!

ああでもない こうでもない 等身大ゴーレムだい!
蝶ネクタイとか超眠たい 砲撃隊もう撃退 前例ないパーフェクトスタイル
画面上にキャラだしチラつく8ビットみたいに言葉を吐き出す勝手に
「タランティーノばり暴力もあり?」口だけ達者の可能性もあり!
アーメンブレイク大好物なら分類的には仲間かな?
動き出すよ体から そして最後に心 奪う BURN!

HOOVER FEVER BEATS!
HOOVER BEATS!

誰かのスニーカーとメガネが空飛んでる
強くてニューゲーム 果てなく続くコンテニュー
最後まで辞めないヤツが絶対勝つだろ? えい!
サイコだとか言われたって関係ないだろ! えい!
騒ぎなさい! 踊りなさい!! その日が来るまで楽しみなさい!!!
時が過ぎて捨てた夢が過去の中でほこりかぶる
そんな景色見たくないから 今日も歌えよ! えい!

Everybody 音上げて  woo woo yeah!
Let's Go! Let's Go! Let's Go! Let's Go!
フェイクIDぶら下げて woo woo yeah!
Disco! Disco! Disco! Disco!
おいでHOOVER あじゃじゃじゃじゃじゃじゃじゃじゃじゃじゃじゃ
みなさん これからもよろしくお願いしまーすっ!


Moon Reverb feat.GOMESS

いつも通り 生きてる朝 いまだに世界は汚されたまま
もしも全部嘘だったのなら きみと笑っていられたのかな
逃げてるように歩いたり ないものばっか望んだり
夜中の下手な弾き語り あれが幸せだって気付いたり
結局僕は変なやつで 世界の色々がわかんねえ
だから後のことは任すぜ なんてゆってね なんてゆってね
何度も重ねるさよなら そのたび強くなれるなら
嫌なこと全部月のせいにして クレーターの中 生まれ変わろう

また今日も君に会えないよ 夜の月はこの星の窓
Won't let me shine? Don't leave me behind.
ラララ…… いま君の元へと

いつも違ってた理想と現実に心削りながらも良い子を演じる
歩く度 後悔や疑念 片頭痛に苦しむWEEK END
うそつき子ザルにワガママサンディ フラッシュバックする過去 今さら何で?
人生って結局なんだろう? ラストバースを蹴るためのイントロ?
あんな日もあったねって 笑えるからねって わかってるけど不安は消えない
悔しさをバネに 努力を糧に ありがちな言葉 羽根にして空に
夢を捨てなかったものだけが 飛び立てるなんて話も信じたい
月がきれいだから僕は狂った あの夜の続きを探してるんだ

「空気を読まずに 失敗 恐れずに 自由にできたら」と願うどぶねずみ
人と違うことだけが勲章で 間違ったとしても それは順調です
チャンスはただ一度きり そんな曲 聴いてた日々
来たるべき日のために情熱を注ぐ 気を抜いた瞬間に全てを失う
確かに月はきれいだったけど 僕に何もしてくれなかったのも事実
夜に来る電話 泣き声とか 返せない言葉の断片とか
小さな鏡で未来を想像する 次の一歩こそが時代をどうこうする
お待たせって言ってきみに笑いかける そのために ただ今 マイクを握る

また今日も君に会えないよ 夜の月はこの星の窓
Won't let me shine? Don't leave me behind.
ラララ…… いま君の元へ to be


All Lyrics by E TICKET PRODUCTION
All Music & Arranged by E TICKET PRODUCTION
All Programming: E TICKET PRODUCTION
Produced by E TICKET PRODUCTION

TRACK 02: Chorus Work by Asca Satomoto
TRACK 03: Additional Strings Arrange & Piano by JJP
Mixed by Takuro Korenaga
Mastered by Kan Inoue

Design: Koichi Yamada (Yamadaya D.G.W.)
Group Logo Design: MOUNTAIN GRAPHICS

Exective Producer,A&R,Promotion,Coordinator:岡島紳士(VIDEOTHINK)
Manufactured by VIDEOTHINK

Special thanks: GOMESS,hisaki ebishikawa